マインド

時間に縛られない働き方がお金・人間関係・健康全ての価値を高める

通勤、嫌々出席している付き合い、仕事は終わっているのに帰れないあの空白時間…なんだか時間に縛られているなと感じることはありませんか

僕は人生において貴重な資源は時間だと考えています。逆に、自分でコントロールできる時間さえ確保できていれば、他のことはどうにでもなるのです。

今回は、時間に縛られない働き方を実現したことによって手に入れることができた時間はもちろん、お金・人間関係・健康面のメリットについて、実体験をもとにお伝えしていきます。

時間に縛られなくなると、更に時間が生まれる

例えば、通勤時間がなくなることで得られるのは通勤時間だけではありません。長い通勤で疲れて休憩する時間、喉の渇きを潤すためにコンビニで飲み物を買う時間など…。

縛られなくなった時間が長ければ長いほど、それに伴って使っていた時間もなくなり、結果的に自由な時間が想像以上に増えていくのです。

そして、使っていた時間に伴うお金・人間関係・健康の問題も一気に解決することがあります。すなわち、ストレスを減らそうと考えた時に一番最初に確保すべきは時間なのです。

時間のブルーオーシャンを狙い、生産性のない時間を削減しよう

時間のブルーオーシャンとは、シンプルに平日朝のような「混まない」時間帯を指します。人混みを避けられたり、順番待ちをしなくて良くなるというメリットは誰でもイメージできますよね。

もう少し踏み込んで考えてみると、「混む」時間というのはサービスの質が落ちる時間でもあります。何せ、次から次へと人がやってきて、サービス側としては対応でてんてこまいだからです。

サービスの質が落ちることで自分への対応が雑になって確認で待たされたり、最悪の場合クレームを出して更に時間が取られる可能性も出てきます。時間のブルーオーシャンを狙うことで、本来発生すべきでないような時間を生む可能性を減らすことができるのです。

時間を気にする時間を削減しよう

時間に縛られすぎて、1日の予定が10個も20個も発生すると、「時間を気にする時間」というものが発生します。

次のことを気にしながら作業することで結局作業が長引いたり、作業が雑になって手戻りが発生することで予期しなかった時間をカバーに充てなければいけないかもしれません。

時間の縛りを少なくすることは、1つ1つの作業のパフォーマンスの最大化、ひいては「時間を気にする時間」という負の副産物をなくすことにつながるのです。

片道1時間以上の通勤は無駄の極み、早く引っ越そう

もうタイトルで結論出てしまってますが、片道1時間以上を通勤に使っている人は、よほどのことがない限り片道20分圏内に引っ越すべきです。

例えばあなたの時給が1,000円だったとして、1日往復2時間、月20日を通勤に費やしているとします。すると…

1,000円×2時間×20日=40,000円

ちょっといいアルバイトなら時給1,000円くらいは普通なので、少なくとも移動だけで40,000円は損をしている計算になります。

もし勤務地が都内で満員電車での通勤だったとしたら最悪です。移動中に何もできないので、何も生むことなく時間を消費してしまいます。

僕は1時間半かけていた通勤が嫌で、半年間お金を貯めて会社から20分、よく使う飛行機や新幹線も一本かつ30分で行けるような場所に引っ越しましたが、毎日4時間睡眠だったのが6~7時間になりました。

当時の月400時間労働を乗り切れたのは、睡眠時間の確保が大きかったのではないかと思っています。心当たりのあるフリーの方は、今すぐ引っ越しを検討しましょう。

時間に縛られなくなると、お金の節約になる

「いやいや、時間が自由になったら私は浪費してしまうんだよ」というあなたの意見も否定はしません。ただ、時間の使い方によってはこういう浪費があって、案外必要だと思っていたお金は必要でなかったんだよ、という事例をお伝えします。

付き合いメシの頻度が減り、出費が減る

なぜかよくある部内飲み、課の飲み、チームの飲み、同期の飲み、取引先との飲み…付き合いメシを挙げていくとキリがありません。

また、飲み会以外でも何となく一緒にお昼を外食したり、「おやつ買いに行こう」という誘いもあり、細かな出費は増えていきます。

時間に縛られなくなることで、そもそもこういう誘いを受ける場所には「いない」という選択を取ることができます。結果的に出費が減り、節約になるのです。

お昼1,000円×20日=20,000円
おやつ平均200円×10日=2,000円

僕の場合、稼働時間や場所をずらすことで付き合いのお昼やおやつには参加しなくなりました。これだけでも22,000円程度が浮いている計算になります。これだけの金額なら他に使うほうが有意義ですね。

夜の予定を朝か昼にずらすことで、出費が減る

普通に生活している人であれば、朝昼より夜のほうが支払う単価が高くなり、かかる時間は長くなることは想像に難くないでしょう。例えば食事であればお酒が入るからですね。

大抵の場合、脳は夜よりも朝昼の方がよく動きますが、時間に縛られなくなることによって、朝昼のアポが取りやすくなります。

朝昼に人と会って、単純作業や脳を使わない作業は夜にする。こういうローテーションを組めば、夜に無駄にだらだらと喋りこむ時間は減り、出費も減らすことができます。

もちろんお酒が入るからこそできる会話もあるとは思いますが、経験上お酒が入らなくても盛り上がることはできるはずです。

時間に縛られなくなると、健康に気を遣うようになる

僕は、驚くほど健康に無頓着でした。食事バランスを考えず食べたいものを食べたい時間に食べたいだけ食べ、だるくなっても我慢して動き続け、そのまま倒れる。気が向いたら運動する。

こんな僕でも時間を自由に使えるようになった瞬間、健康については人一倍意識するようになりました。なぜそう変わったのかを以下に記載します。

時間に縛られない=健康に動ける時間が成果に関わる

日本はまだまだ時給という「働いた時間が長ければエラい」という価値観が抜けきれていませんが、時間に縛られない働き方とは「成果さえ出せば自由に過ごせる」という考え方です。

すなわち、自分が健康に過ごせる時間の総量が自分の成果につながってくるわけです。1ヶ月に自分が動ける時間が30日分あるとすると、病気で1日無駄にすることで29日分になってしまう。

そして、その1日でビッグチャンスがつかめるなんてことも珍しくないのです。それを考えたら健康を損なっている場合じゃない。

フリーランスの方がやたら筋トレしたり食事に気を遣ったりしているのは、こういう理由からではないかと思います。

成果を出すために健康を害する習慣を辞めやすい

習慣というものは時間に縛られているとなかなか変えにくいものです。時間の自由度が高ければ高いほど、自分が変化できる余地も大きくなります

僕は時間配分を変えたことで付き合い酒がなくなり、夜の予定が空きやすくなりました。付き合い酒がなくなったので、二日酔いによる時間の浪費がなくなります。また、夜の予定が空くので、食事時間が21時を超えないように調整できますし、食事のメニューも考えられます。朝と夜に運動をする時間も確保することができました。

時間にゆとりができるだけで、これだけ一気に健康に関する生活の変化を起こせるのです。

時間に縛られなくなると、人間関係が精査される

時間に対する価値観が合う人が残る

時間に縛られない人は、自分の時間を大切にします。その結果、自分の時間を奪っていく人とはだんだんと距離を取ることになります。そして、同じような価値観を持つ人で集まるようになることもあります。

時間に縛られないことは時間泥棒を遠ざけるための1つの手段とも言えるのです。

時間に縛られていた時の人間関係がなくなる

あなた自身やその能力に価値を感じてくれている人であれば、あなたがどこにいようが、やり取りは長く続きます。一方で、あなたが「たまたまその時間にそこにいたから」発生するやり取りや、形式的なやり取りは一切なくなります。

結果的に、あなたに価値を感じている人だけとやり取りすることが可能となるのです。

他の誰でもいいような人間関係であれば時間を奪われるだけですので、ここで人間関係の精査ができるのはありがたいですね。僕も1日で2時間分くらいのやり取りが減ったと感じています。

時間に縛られない生活を送るために

ここまで時間に縛られないことで起こったメリットをお伝えしていきましたが、時間に縛られないためにはどうすれば良いのか気になっている方もいるでしょう。

今の環境がどうしても時間に縛られてしまうのであれば、方法は3つ。

①起業する
②転職する
③自由人になる

③は金銭面で現実的に難しいとしても、①②は今すぐ動けます。

起業するのであれば、こちらの記事を見て手続きすればできますし、他にもたくさん参考になる記事を掲載しています。

【保存版】起業ってどんな流れで始めるの?会社設立の方法まとめ会社設立はどんな流れで始めれば良いか、ぱっと思い浮かびますか?会社設立は登記をすればそれで終わりというわけではありません。本記事では法人起業の経験をもとに、設立前後にやらなければならないことをまとめました。法的な手続きから具体的なツールなど準備までを網羅した完全版です。...

転職(就職)は、時間縛りを設けない企業が今たくさん出てきています。学生さんであれば企業の人事に焼き肉をおごってもらいながら話を聞けるサービスなんかもありますし。

特に複数言語を使えるエンジニアさんは売り手市場なので、転職サイトや業務委託サイトを活用すれば、リモートで時間縛りをゆるくしつつ、収入が上がるなんてことも珍しくありません。

それ以外でも、最近は年収○○円以上、△△の職種、などと絞った精度の高い転職サービスが出てきています。今以上の時間を手に入れ、お金・健康・人間関係を良くするために、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「時間」についての考え方はこちらの記事も参考に。

【保存版】起業後の収入が変わる?「タイムリッチ」の心構え9選起業する際に大事になる考え方「タイムリッチ」を身につけるために持っておくべき大事な心構えについて記載しています。起業後の収入、すなわち「マネーリッチ」にもつながる「タイムリッチ」を身につけましょう。...
あなたのマーケティング課題を「レンタルCMO」が解決します

「広告出稿」「SEO」「LP改善」「動画のストーリー構築」「デザインラフ案の設計」…

現代のビジネスではマーケティング領域でやることが多く、これらをしっかり押さえないと、競合負けしてしまいます。

しかし、「マーケティングって難しそう…」「何をどうすればわからない…」という方も少なくない。

そんなあなたに向けて、マーケティングについて気軽に相談でき、マーケティングの最新情報まとめも送られてくる、便利なLINE@(@dir8228j)を用意しました。

ぜひ、ご登録ください!

友だち追加