①戦略立案

採用検索エンジンIndeed・求人ボックス・スタンバイの特徴とは

近頃、Indeedを筆頭として採用検索エンジンの力が強くなってきており、Indeedに類似したサービスも力をつけてきています。

2018年時点で、海外で先行して実装されているGoogleの採用検索サービス「Google for jobs」も日本にやってきたという話もありますね。

しかし、まだまだ採用検索サービスに強い一部の人や会社でしか正しい情報は知られておらず、実際にも動かせていない印象です。

今回は、次世代の採用マーケティングに欠かせない採用検索エンジンとして力のあるサービス「Indeed」「求人ボックス」「スタンバイ」に焦点を当てて、その特徴について説明します。

※Indeedと比較した求人ボックスの違いについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

求人ボックスとIndeed、両求人検索エンジンの違いとは?「求人ボックス」というサービスをご存知でしょうか。リクルートに買収された日本最大級の求人検索エンジンのIndeedとそっくりですが、求人ボックスも独自の特徴を打ち出して成長を遂げています。今回は、求人ボックスの特徴とIndeedとの違いについてお伝えします。...
" class="blog-card">
求人ボックスとIndeed、両求人検索エンジンの違いとは?「求人ボックス」というサービスをご存知でしょうか。リクルートに買収された日本最大級の求人検索エンジンのIndeedとそっくりですが、求人ボックスも独自の特徴を打ち出して成長を遂げています。今回は、求人ボックスの特徴とIndeedとの違いについてお伝えします。...

登場人物紹介

きこう
きこう
WEBマーケティング分野で法人起業。採用×マーケティングのノウハウを活かし、WEBから効率的に採用する手法を研究している。
起業したい人
起業したい人
起業を志しており、起業にまつわる情報を集めている。WEBを活用した採用手法に関してはあまり知見がない。

採用検索エンジンの筆頭「Indeed」の特徴を解説

Indeedの一般的な特徴

起業したい人
起業したい人
最近、Indeedってよく検索結果に表示されるようになったけど、あれってどういうものなの?
きこう
きこう
Indeed(インディード)は、世の中にある求人媒体、企業の採用情報などを集めて検索ができる「求人特化型検索エンジン」なんだ。日本では毎月1,000万人以上が利用していると言われる。
起業したい人
起業したい人
1,000万人も!だから、「デザイナー 東京」とか検索してみると上位はずらっとIndeedが並ぶんだね。
きこう
きこう
そうそう。今や求人検索のSEOはIndeedが半独占状態。だから採用を効率化しようとしたときに、まずはIndeedを攻略することが大切になってくるね。
起業したい人
起業したい人
なるほど。Indeedについてもう少し知りたいから、詳しく教えて!

Indeedの自然検索機能の特徴

・特定の条件を満たせば、勝手にIndeedの検索結果に表示される
・自社のホームページが特定の条件を満たしていなければ、「無料掲載登録」という方法で求人票だけ検索結果に掲載することもできる
・Engageなどの外部サービスを使うことで、Indeedに掲載される簡易採用ホームページを作ることもできる

きこう
きこう
Indeedは職種名と地名を入れると、それに合った採用情報をまとめたページが検索されるんだ。
起業したい人
起業したい人
でも、これってすべての会社の採用情報が表示されるわけじゃないよね?何か基準とかあるの?
きこう
きこう
そうだね。Indeedのロボットは、以下の5つの条件に基づいて各サイトを自動的に読み込んで、掲載するかどうかを決めるんだ。

①求人情報がテキストで書かれている(画像はNG)
②求人情報に実際に応募できる(応募ボタンがある)
③職種、仕事内容、勤務地が記載されている
④1職種1勤務地1URLの構造になっている
⑤ユーザー登録や課金をせずに応募ができる

起業したい人
起業したい人
自分たちのホームページを読み込んで欲しかったら、このルールに則って構成し直す必要があるわけだね。
きこう
きこう
ただ、ホームページがなくてもIndeedへの無料掲載登録っていう方法があって、Indeedの定める内容に則って採用情報を書けば、求人票が勝手に作成されてIndeedに掲載することができる。
起業したい人
起業したい人
今のホームページがIndeed好みの構成になってなかったら、取り急ぎ無料掲載登録をしてしまうのもありってことだね。
きこう
きこう
そうそう。後は、Engageみたいな求人サイトを無料で作成できるサービスを使うという手もある。EngageはIndeedを意識した構成になっているから、求人票をつくるよりはこちらを作ったほうが見栄えがいいかもしれないね。
起業したい人
起業したい人
世の中、やろうと思えば何でも無料でできてしまうんだなぁ。

Indeedの広告機能の特徴

・「1クリックいくら」という形で広告費を払えばIndeedの検索結果上位に広告掲載ができる
・広告には「求人票だけを掲載」「求人票から自社ホームページに飛ばす」の2種類がある
・代理店用アカウントと個社用アカウントで最低出稿金額が異なる

きこう
きこう
IndeedにはGoogleと同じように、検索結果の上位に広告が表示される機能もついている。僕も運用してるんだけどね。
起業したい人
起業したい人
もしかして、Googleと同じように、クリックしたら課金されるやつ?
きこう
きこう
そうそう。ここは広告代理店の専門分野になるね。出稿方法は2つあって…

①ホームページに飛ばさずに求人票だけを掲載する方法
②求人票を見た後にホームページに飛ばし、そこから応募してもらう方法

きこう
きこう
求人票見た後にホームページに飛ばしたら離脱率上がるじゃん…って考える人もいると思うけど、求人票だけ見て来る人は文化とか関係なく条件で選ぶ人だから、面談キャンセル率が上がったり内定辞退が増えたりする
起業したい人
起業したい人
わざわざ求人用ホームページ作るの面倒だし、求人票だけでいいか、って思って応募が集まったとしても、質の悪い応募になってしまう可能性があるのね。これは注意しよう。
きこう
きこう
だから、代理店の「とりあえずやってみよう」「応募は来るから」って提案には慎重になって考えたほうがいいよ。
起業したい人
起業したい人
勉強になるなぁ。ちなみに、広告出稿する場合の最低金額とかってあるの?
きこう
きこう
あるんだよね…。これは、使うアカウントが「代理店用」「個社用」で分かれてくるんだ。

①代理店用:20万円~のチャージが必要
②個社用:1,000円~

起業したい人
起業したい人
全然金額が違うじゃないか!
きこう
きこう
そうそう。だから、5万円×3ヶ月くらいでテストしてみたいなぁって場合でも、代理店アカウントでは基準に届いていない。だから、個社用のアカウントを作る必要があるんだ。
起業したい人
起業したい人
代理店から「広告費は20万円です」って言われても、ぼったくりではないってことね…。
きこう
きこう
そもそも、代理店自体が月額12万円の広告運用をしないと代理店になれないんだ。いずれにせよまとまった広告費は頂かないといけないってことだね。

急成長中の採用検索エンジン「求人ボックス」の特徴

求人ボックスの一般的な特徴

きこう
きこう
次は「求人ボックス」だね。これは食べログなんかを運営している「価格コム」が運営している、Indeedとほぼ同じ仕様のサービスなんだ。その中で、Indeedとの違いについてはこの記事で解説したから、読んでみて!
https://meshi-neta.com/kyujinbox
起業したい人
起業したい人
本当だ。Indeedにそっくり!でも、わざわざ自社でやるってことは何かしらの違いがあるんだろうなぁ。

求人ボックスの自然検索機能の特徴

・クリックすると求人票ではなく直接サイトに飛ぶ
・検索結果の種類はまだそこまで多くない
・検索結果画面が圧倒的に見やすくて使いやすい
・「こだわり条件」で絞って検索できる

きこう
きこう
求人ボックスがIndeedと異なる点として一番特徴的なのは、クリックしたときに求人票が出なくて、直接サイトに飛ぶことだろうね。
起業したい人
起業したい人
つまり、Googleと同じような感じだね。
きこう
きこう
掲載されている媒体も「ハローワーク」「とらばーゆ」「en」なんかが多くて、個社の採用情報の掲載は少ない印象を受ける。
起業したい人
起業したい人
きっと、これからIndeedと同じように機能拡張して伸びていくんだろうね。
きこう
きこう
ただ、検索結果画面が圧倒的に見やすくて使いやすい!個人的には掲載量がもっと増えたら、求人ボックスの方を中心に見たいくらいなんだ。
起業したい人
起業したい人
確かに、日本発のサービスらしく、日本人の特徴に合った「こだわり条件」を選べるのが嬉しいね。これからに期待したい。

求人ボックスの広告機能の特徴

きこう
きこう
求人ボックスもIndeedと同じような広告を扱っているんだけど、現在、新規の募集を停止しているみたいなんだ。続報があったら記載するね。
起業したい人
起業したい人
知名度が上がってきて、対応が追いつかなくなったのかな。

ビズリーチのノウハウを活かした「スタンバイ」の特徴

スタンバイの一般的な特徴

きこう
きこう
スタンバイは採用で有名な「ビズリーチ」が運営している採用検索エンジンだよ。
起業したい人
起業したい人
よくCMで見るやつだよね。これも基本的にはIndeedと一緒なのかな?
きこう
きこう
そうだね。Indeedや求人ボックスと違うのは、就職関連のコンテンツも豊富にあること。例えば「公認会計士になるには」みたいな、「~になるには」系のコンテンツがまとめられていたり、求人の特集が組まれていたりと、情報収集部分から探すことができる。
起業したい人
起業したい人
確かに、転職するときに職種が決まりきっていない人もいるだろうし、職種について研究できるのはありがたいね。

スタンバイの自然検索機能の特徴

・働き方に関して多様な絞り込みができる
・クリックすると求人票かサイトのどちらかに飛ぶ
・求人票から「関連する求人」に飛べる

きこう
きこう
スタンバイの自然検索は、「働き方の絞り込み」が面白いね。例えば、こんなものまで絞り込める。

・新卒
・業務委託
・インターン
・プロボノ
・ボランティア

起業したい人
起業したい人
スキルがないからまずはインターンから、とか、転職の合間にボランティアだけでも、とか、色々なニーズが汲み取れそうだね!
きこう
きこう
クリックしたときに飛ぶのは採用媒体のサイトかスタンバイ独自の求人票かなんだけど、求人票も情報がIndeedより見やすいイメージ。やっぱり使い勝手は大切だね。
起業したい人
起業したい人
求人票を見ていたら、脇に「関連する求人」が出てきた!こういうのも検索性を高めるための工夫として取り入れているんだね。
きこう
きこう
検索結果もIndeedには及ばないけど、求人ボックスよりは多そうだ。ただ、やっぱり個社の掲載は少ないイメージを受けるね。
起業したい人
起業したい人
求人ボックスと同じくこれからに期待なのかな。

スタンバイの広告機能の特徴

きこう
きこう
スタンバイの広告は「スポンサー」と書いてある検索結果があることから存在はするんだけど、どうやら一般企業には公開されていないみたいだ。
起業したい人
起業したい人
今はどんな企業が枠を押さえているの?
きこう
きこう
マイナビとか、スタッフサービスとか、求人媒体を扱っている企業だね。
起業したい人
起業したい人
なるほど。広告の管理画面とかはまだできていないのかもしれないね。今後に期待だ。

採用検索エンジンを使いこなして費用をかけずに採用しよう

きこう
きこう
どう?採用検索エンジンを使いこなせれば、可能性が広がるでしょ。
起業したい人
起業したい人
そうだね。Indeed以外はまだまだ開発途上ではあるけど、今後はもっと使いやすくなってきて当たり前になるだろうね。
きこう
きこう
来るべきタイミングに備えて、今から情報収集しておくといいと思うよ。僕は運用もやっているから、困ったときは相談してね。
起業したい人
起業したい人
この会話を見た人は「お問い合わせ」から聞けばいいんだよね。また状況が変わったら教えてもらおう。

採用マーケティングについてきこうに相談する

ABOUT ME
きこう
グルメとビジネスとJリーグを愛す、 「ミニマル&時短起業家」。 好きな言葉は「シンプリシティ」と「生産性」。 知っているだけで世界が変わるおトク情報を配信します。
あなたのマーケティング課題を「レンタルCMO」が解決します

「広告出稿」「SEO」「LP改善」「動画のストーリー構築」「デザインラフ案の設計」…

現代のビジネスではマーケティング領域でやることが多く、これらをしっかり押さえないと、競合負けしてしまいます。

しかし、「マーケティングって難しそう…」「何をどうすればわからない…」という方も少なくない。

そんなあなたに向けて、マーケティングについて気軽に相談でき、マーケティングの最新情報まとめも送られてくる、便利なLINE@(@dir8228j)を用意しました。

ぜひ、ご登録ください!

友だち追加