②集客施策実行

【保存版】プレゼンのコツは準備!話し方に頼らず短期で心を掴む方法

働き方改革の流れもあり、起業・副業・複業を始める人が増えてきました。その結果、今後は企業にお仕事が集中していた状態から、個々人にお仕事が分散されていくことになるでしょう。

そうなると、誰にお仕事を頼むかという選択肢も増えることになります。そこでモノを言うのがプレゼン力です。

でも、営業職以外はプレゼンの機会も少なく、伝えるのが不得意という方も少なくないのではないでしょうか。何を隠そう僕もその1人です。

話し方を変えるにはどうしても訓練や場数が必要です。しかし、話し方に頼らずにできることがあるのであれば、万全の準備を期しておきたいですよね。

今回はプレゼンでの話し方に自信がないあなたに向けて、話し方以外の部分で好印象を得るための準備のコツについてお伝えします。

登場人物紹介

きこう
きこう
話下手なのに経営コンサルティング会社に入ってしまい、年間100回以上は人前で話すという苦行に立たされていた。試行錯誤して苦手意識を克服した結果をこれから起業したりフリーランスになる人に伝えている。
起業したい人
起業したい人
起業してみたいが時間がなく、起業まわりの情報には疎い。事務作業が多くプレゼンの経験が少ないので、人前で話すことが苦手。

コツ①:プレゼンの目的は「人を動かす」ことと心得る

起業したい人
起業したい人
この前、社内の成果発表会があって前で話したんだけど、全然スムーズに話せなくて参ってしまったんだ。
きこう
きこう
ああ、あるある。僕も昔、営業に行った時に天気の話をして滑り倒して、その後は話が円滑に進まなかった思い出がある…。
起業したい人
起業したい人
今度、また新しいプロジェクト立ち上げの説明会があって前で話すことになってしまったんだけど、短期間でも上手くできるコツってないかなぁ。
きこう
きこう
これは僕が昔、一番勘違いしていて、この考えを持つだけでプレゼンの仕方が変わったことなんだけど、そもそも「プレゼンの目的」って何だと思う?
起業したい人
起業したい人
プレゼンの目的?うーん。「自分の伝えたい情報が間違いなく伝わっていること」とかかな?
きこう
きこう
おっと。お手本のような間違いだね。僕も最初はそう考えていたんだけど、情報が伝わることってのは手段であって目的ではない
起業したい人
起業したい人
確かに、伝わりました、おしまい。ってのはプレゼンじゃなくて情報共有って感じがするなぁ。営業の場合は受注を決めて欲しいからプレゼンするんだろうけど。
きこう
きこう
いい線行ってるね!もう少し噛み砕いて言うと、プレゼンの目的は「人を動かす」ためなんだ。誰かに物事を決めて欲しい、こういう行動を起こして欲しい、こういう感情を持って欲しい…。メール1本だって相手にどうこうして欲しいから送るわけでしょ?
起業したい人
起業したい人
なるほど。でも、それとプレゼンのコツとはどういう関係があるの?
きこう
きこう
「人を動かす」ってことが目的だと分かっていれば、なにも話し方にこだわる必要はないってことが見えてくるんだ。だって、小さい子が親御さんに向けて一生懸命、拙い言葉で手紙を読んでても心に響くでしょ?
起業したい人
起業したい人
「人を動かす」ための準備は、話し方以外でいくらでもやりようがあるってことだね!
きこう
きこう
その通り!だから、プレゼンを準備するときは、話し方なんて1つの要素にばっかりこだわってないで、まずは伝える相手のことを考えて、考えて、考え続けることが大事なんだ。

コツ②:相手のことを考えたプレゼンのゴールを設定する

起業したい人
起業したい人
「相手のことを考える」ってのはなんとなくイメージは湧くんだけど、具体的にどうやったらいいのか分からないな…。
きこう
きこう
まずは、プレゼンを通じてどういうことを実現したいのか、ゴールを書き出してみよう。
起業したい人
起業したい人
営業だったら受注だし、自分が使いたいツールの導入検討なら上司が導入しようって言うことだよね?
きこう
きこう
そうそう。ただ、それだけだと完全に自分都合だよね?相手の状況を踏まえて構成を考えなければならない。例えば同じ営業の場合でも…

<Aさん>
・商談相手に決済権はないが、決裁権者にモノを言える立場ではある
・40代で営業畑出身の男性、事務作業が得意ではない
・新しい技術にはそこまで詳しくない

<Bさん>
・商談相手に決済権はないが、決裁権者にモノを言える立場ではある
・30代で技術畑出身の男性、事務作業はそこそこできる
・新しい技術にはかなりアンテナを張っている

きこう
きこう
相手がこの2人だと、何をどういう順番で伝えるかって変わってくるよね。
起業したい人
起業したい人
何を売るかにもよるけど、例えば40代営業畑の男性を相手に技術の話をするなら、最悪その人が理解できない場合も想定して説明資料を細かく作っておく必要がありそうだ。でも、資料の文字は大きめにした方が良さそうだな…。
きこう
きこう
いいね!30代技術畑の男性を相手に技術の話をする場合はどうかな?
起業したい人
起業したい人
技術の細かい説明は分かっていることも多そうだから、できるだけ時間を使わずに進めるかな。伝える資料もある程度お任せして、誤解なく伝わるような作戦を一緒に考えるかも。
きこう
きこう
うん、そんな感じ。つまり、相手の属性に応じて作戦を立てるってことだ。以下の項目を参考にするといいよ。

・伝える相手の立場やキャリアは
・伝える相手が得意なこと、不得意なことは
・伝える相手は論理や数字を重視するか、感情を重視するか
・伝える相手は結論と概要だけ知りたいタイプか、詳細を腑に落ちるまで知りたいタイプか
・伝える相手は伝えた後にどういうことを疑問に持ちそうか

起業したい人
起業したい人
でも、社内の発表会みたいに伝える属性がバラバラだった場合はどうすればいいのかな?
きこう
きこう
そういう場合は4つあって…

・全ての立場の人に配慮して話をする
・最も多数の立場の人に配慮して話をする
・影響力のある立場の人に配慮して話をする
・最低限この人には評価されたい人に配慮して話をする

きこう
きこう
人数が多い場合、全ての立場の人に配慮しながら話すと話が長くなっちゃうから、その他を選んだほうがいい。逆に、3パターンくらいに分けられるのであれば、全ての立場に配慮してもいいんじゃないかな。
起業したい人
起業したい人
ゴールを設計するだけで伝え方や資料がまったく変わってきそうな予感がするよ。

コツ③:全ての人に刺さるプレゼンはないと心得る

きこう
きこう
さっき、人数が多い場合は全ての立場に配慮するのは難しいって話をしたけど、そもそも100人いて100人に刺さるプレゼンって難しいよね。
起業したい人
起業したい人
そうかな?一流のプレゼンターって会場にいる人を例外なく湧かせているように見えるけど。
きこう
きこう
その中の少なくとも何割かは、周りが湧いているから自分も湧いてるってだけだよ。スティーブ・ジョブズの話だって、刺さらない人には刺さらない。
起業したい人
起業したい人
確かに、スティーブ・ジョブズの話を現場で聞いてる人って、技術に詳しい新しもの好きの人が多そうだもんね。そのへんの主婦が聞いてもよくわからないものかもしれない。
きこう
きこう
そう!だから、最初から全員に刺さることを期待しない。狙った一部が頷いてくればいい。そういう考えで話をするだけで、心の負担がぐっと減るんだ。
起業したい人
起業したい人
なるほど。今まで大勢の前でプレゼンするときって、資料も大勢に向けた八方美人なものだったし、話も大勢に向けてやってたから緊張してたのかも。見てる人が大勢いるってだけで、資料も話もターゲットの○○さんに向けたものにすれば、楽に感じる
きこう
きこう
話し方が変わったわけじゃないけど、考え方をちょっと変えるだけでいけそうな気がしてきたでしょ?上手くできないからって小手先のテクニックに走る前に、まずは目的とゴールを設定するっていう準備を徹底してみて!

コツ④:プレゼンのコツ(テクニック編)も知りたい

起業したい人
起業したい人
プレゼンが上手い人って今までの点も踏まえつつ、それでも話し方が上手かったりするじゃん?もっと上達したくなったら、何を学べばいいかな?
きこう
きこう
それに関しては、僕が数年苦しんでプレゼンを改善させてきたノウハウをnoteにまとめてみたよ。

プレゼン苦手を克服する4つのコツ

きこう
きこう
2年間で延べ数百時間の苦労と2万字以上のボリュームがあるから、有料(980円)にさせてもらってはいる。けど、プレゼンの会場準備のコツからハリウッド映画でも使われている感動テンプレートまで、細かく記載している。参考文献や他の人たちのプレゼンに関する優良記事まで載せた決定版になっているよ。
起業したい人
起業したい人
うわっ、それは気になるなぁ。早速リンクに飛んで見てみるよ。
あなたのマーケティング課題を「レンタルCMO」が解決します

「広告出稿」「SEO」「LP改善」「動画のストーリー構築」「デザインラフ案の設計」…

現代のビジネスではマーケティング領域でやることが多く、これらをしっかり押さえないと、競合負けしてしまいます。

しかし、「マーケティングって難しそう…」「何をどうすればわからない…」という方も少なくない。

そんなあなたに向けて、マーケティングについて気軽に相談でき、マーケティングの最新情報まとめも送られてくる、便利なLINE@(@dir8228j)を用意しました。

ぜひ、ご登録ください!

友だち追加