①戦略立案

収入(年収)と資産の考え方の違い~起業家は知ってるお金の裏話

起業してから経営層以外の知り合いに、よくこんな質問をされます。

年商はいい感じなの?」「年収上がった?

聞かれるたびに、「いや、起業とか経営者ってそういう話じゃないのよ…」と思いつつ、真面目に回答すると長くなってしまうので適当にやりすごしてきました。

しかし、毎回もやもやするのもな…ということで、収入と資産という経営者がよく考えるお金の話について、まとめます。恐らく起業経験のある方はご理解頂けると思いますし、そうでない方は、経営者ってこんなことまで見ているんだと参考にして頂ければ幸いです。

※もちろん経営経験がなくても、お金のリテラシーが高いと、同じような感覚を持たれる方もいらっしゃると思いますし、経営者でも異なる見解の方はいます。いち経営者の意見だと思ってご覧ください。

登場人物紹介

きこう
きこう
お金より時間、をモットーに、新しい働き方を模索しながら好きなことを突き詰めていく法人起業を実践中。金なしコネなしで起業した。
起業したい人
起業したい人
いつも時間のことばかり考えているが、時間がなさすぎて新しい情報が入ってこず、困っている。起業を志しているため、経営者のリアルな実態について聞きまわっている。

経営者は「収入」の概念で考えることが難しい4つの理由

起業したい人
起業したい人
起業して一定期間経ったけど、事業の方はどう?ぼちぼち収入も上がってきたって感じ?
きこう
きこう
ああ、それ結構質問されるんだよね…。でも、僕は収入を追ってるわけじゃないから、そのあたりが説明しづらかったりするんだよね。
起業したい人
起業したい人
収入を追ってるわけじゃないってどういうこと?経営者ってみんなお金が欲しいから起業するわけじゃないの?
きこう
きこう
お金が欲しいだけなら、フリーランスになるか1人法人で物販でもやればいいんじゃないかな。資金調達して事業を大きくしようって考える人は、リスクを取ってるわけだし、必ずしもその枠には収まらないこともある。そもそも、経営者が収入を追わない背景には4つの要素があるんだよね。

・収入よりミッションを追っていることがある
・収入より資産を追っていることがある
・収入を上げると税金が増えることを知っている
・役員報酬は原則1年間変えることができない

起業したい人
起業したい人
ちょっとピンと来ないものもあるなぁ。詳しく教えて!

収入よりミッションを追っていることがある

きこう
きこう
これは、世の中に解決したい課題があって、その手段として起業しているパターンだね。
起業したい人
起業したい人
課題の解決に対してお金を払ってもらえる価値があれば、お金は後からついてくるって考え方だね。
きこう
きこう
大型の資金調達をしたり借り入れしたりする人はリスクを負ってまでやろうとしているわけだから、このタイプが多いんじゃないかと思っているよ。
起業したい人
起業したい人
こういう人って自分の収入を抑えてでも、採用とか新しいシステムへの投資に回してそう。これは納得だね。
きこう
きこう
こういう人たちに対して「収入」って目線で話してしまうのはある意味失礼まであるんだよね。まあ世の中からの見え方だからしょうがないんだけどね…。

収入より資産を追っていることがある

起業したい人
起業したい人
収入と資産ってよく聞くけど、資産も収入になるわけじゃないの?よく違いが分からないなぁ。
きこう
きこう
ここでの「収入」ってのは「労働収入」と置き換えて話していくね。「労働収入」と「資産」に関しては、この例えが分かりやすい。

・労働収入:1km先の川から水をくんでくること
・資産:1km先の川から水路を家まで引いてくること
※水=入ってくるお金と考える

起業したい人
起業したい人
なるほど。資産を作るっていう視点で見たら、水路を引いてくるためのお金や時間、人への投資が必要なのか。そうすると、短期的に収入を上げるって視点で考えちゃダメだよね。
きこう
きこう
そう。だから、資産づくりの段階で「収入は?」って聞かれても、返答に困ってしまうんだよね。そもそも資産にも3つあってね。

<資産の3つの分類>
・金融資産:お金、土地、株式、設備など
・人的資産:知識、経験、技術など
・社会関係資産:周囲の人とのつながり

起業したい人
起業したい人
これ聞いたことある!資産はどれか1つ欠けても他の資産が突出していれば補うことができるって話だよね?
きこう
きこう
よく知ってるね。わざわざ会社組織を作って経営するってことは、もちろん金融資産を追うって側面もあるけど、同時に人的資産や社会関係資産も追っている。お金より技術や人脈を強くしようと考える段階もあるから、収入は?って言葉に違和感が出るんだよね。まあ黒字は出さないといけないけどね。
起業したい人
起業したい人
なるほど…。資産という考え方は見えなかったな。

収入を上げると税金が増えることを知っている

きこう
きこう
そもそも、収入を上げると社会保険料や所得税が多くかかってきてしまうんだ。だから、家賃が20万だったとしても家賃分を支給するより、家を会社借り上げにしてしまって経費計上した方が、個人にとっても会社にとっても節税になるんだよね。
起業したい人
起業したい人
起業初期の経営者はなるべく役員報酬を下げたほうがいいって話を聞いたことがあるけど、税金が絡む理由からだったんだね。
きこう
きこう
実際に法人にすることによる節税メリットはこの記事にまとめたから、よかったら読んでみて!
【保存版】フリーランスはいつ法人化?5つの節税メリットと費用フリーランス(個人事業主)として活動される方には、法人化すべきかどうか迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。法人化した方が節税面でメリットを受けられる一方で、制度面での縛りやそれによって費用が発生することにもなります。今回は、法人化による5つの節税メリットと費用について解説します。...
起業したい人
起業したい人
自分の収入と会社に残すお金のバランスを取ることを考えてる段階であれば、収入をやみくもに増やすってことも難しいんだなぁ。

役員報酬は原則1年間変えることができない

きこう
きこう
そもそも、経営者に払うお金って「給与」じゃなくて「役員報酬」だって知ってる?
起業したい人
起業したい人
役員報酬って名前は聞いたことはあるけど、経営者の給与って意味じゃないの?
きこう
きこう
それが、支給ルールが違うんだ。給与は上げ下げ自由にできるし、人件費として計上できるんだけど、役員報酬は同じ事業年度は一定額にしないと経費と認められないんだ。
起業したい人
起業したい人
じゃあ、どんなに業績が好調でもその1年間は変わらないってこと?
きこう
きこう
そう。だから事業が伸びても短期的には経営者の懐は温まらない。毎年事業の伸びを予測しながら自分の報酬を決めるってのが経営者の大変なところなんだ。
起業したい人
起業したい人
てっきり、会社に残ったお金は好き勝手できるもんだと思ってた…。
きこう
きこう
当然、事業が悪化しても従業員の給与は下げたくないから、経営者は事業年度の最初に自分の役員報酬を大幅にカットしたりする。もちろん自分の手取りを変えずに従業員の給与ばかり下げる悪い人もいるけど、そういうリスクを取ってるってことは理解してほしいな。
起業したい人
起業したい人
役員報酬をあえて低めに設定した場合はそれが1年間続くから、収入で言ったらむしろ下がることもあるってことだね。

お金については収入と資産を分けて考えよう

きこう
きこう
起業家や投資家は「資産」という考えが強いから、株買ったり土地持ったりして現金をそんなに持っていないことも多いイメージ。僕も海外に土地買ったし。
起業したい人
起業したい人
僕なんていくら貯金できてるかってのがステータスだと思ってたから、それとは根本的に違う考え方だね。斬新だ。
きこう
きこう
短期的に収入を上げるだけでなく、長期的に資産を増やすって考え方は色んなことに応用できるから、この視点だけでもぜひ持ち帰ってね!
ABOUT ME
きこう
グルメとビジネスとJリーグを愛す、 「ミニマル&時短起業家」。 好きな言葉は「シンプリシティ」と「生産性」。 知っているだけで世界が変わるおトク情報を配信します。
あなたのマーケティング課題を「レンタルCMO」が解決します

「広告出稿」「SEO」「LP改善」「動画のストーリー構築」「デザインラフ案の設計」…

現代のビジネスではマーケティング領域でやることが多く、これらをしっかり押さえないと、競合負けしてしまいます。

しかし、「マーケティングって難しそう…」「何をどうすればわからない…」という方も少なくない。

そんなあなたに向けて、マーケティングについて気軽に相談でき、マーケティングの最新情報まとめも送られてくる、便利なLINE@(@dir8228j)を用意しました。

ぜひ、ご登録ください!

友だち追加