①戦略立案

【体験談】法人登記住所は自宅?シェアオフィス?賃貸?選定基準を比較

その登記住所、本当にあなたが考えている場所で間違いないですか?
新しく法人を登記しようと思った時に考えなければならないのは、本社所在地の存在です。

オフィスビルに入居できる資金があれば良いですが、起業したばかりの段階で固定費に限りある資金を使うのは厳しい部分もありますし、組織に適切な大きさの部屋を見つけるのは手間がかかります。

そこで、起業初期の段階で登記住所として候補に上がる、自宅、シェアオフィス、賃貸オフィスについて、自身が迷った体験をもとに比較してみました。これから登記を考えている方のお役立てになれば幸いです。

結果だけ一覧で教えてくれよって方は下記の表をご参照ください。

 自宅バーチャルオフィスシェアオフィス賃貸オフィス
固定費○(2,000円~)△(40,000円~)☓(場所による)
信用○(時により△)
移転可能性
各種手続きへの影響

登場人物紹介

きこう
きこう
最近起業したが、起業にあたって参考になる情報が少なくて困っていた。起業で困っている人を見ると放っておけない。
起業したい人
起業したい人
いつも時間のことばかり考えている割に時間が足りなくて困っている。時間が足りないので新しい情報はからっきしだが、何とかして起業したい。

登記する場所は慎重に選べ

起業したい人
起業したい人
さて、法人起業するって意志も固まったし、資本金もためたし、早速届け出の手続きをするぞ!
きこう
きこう
いよいよ登記だね!ちなみにいくつか決めていかなければならないことがあるんだけど、本社の所在地って決めた?
起業したい人
起業したい人
え、適当に自宅で申請するつもりだよ。どうせ後から変えられるだろうし。
きこう
きこう
おいおい、登記情報の変更をその辺のサイトの会員登録情報変更と同じくらいに考えてないかい?お金もかかるし時間もかかるんだぞ…。
起業したい人
起業したい人
え、お金かかるの!知らなかった…。手続きも面倒ならいいことないし、それは慎重に決めないといけないな。
きこう
きこう
どこに移転するかにもよるけど、登録免許税で3~6万もかかるんだぞ。他に、登記してる取締役が引っ越したら変更手続きする必要がある。
起業したい人
起業したい人
ひえええ、国も取れるところで取りに来てるんだな。本社所在地って自宅の他にはバーチャルオフィス、シェアオフィス、賃貸オフィスとあると思うけど、みんなどう決めてるんだろう。
きこう
きこう
僕もやっぱり同じように迷ったんだよね。もちろん状況によって選ぶべき場所は変わるんだけど、どういう基準で比較したか、お伝えするよ。

自宅を登記する場合のメリットとデメリット

メリット

きこう
きこう
まず、自宅で登記すれば家賃の一部を経費にできるのが圧倒的に強いよね。
起業したい人
起業したい人
確かに、オフィスにお金取られるどころか自分の家賃で節税ができるってことだもんね。最も経済的だ。生活必需品も仕事に使っていれば経費にできるし。
きこう
きこう
そういうこと。後はプライバシーの問題が確かにあるんだけど、登記情報には例えば「~マンション101」みたいなことは書かなくて良いから、まかり間違って場所は特定されても、部屋やマンションは特定されないんだよね。
起業したい人
起業したい人
同じ番地に複数のマンションが立っているケースもあるからね。戸建てだったら確実に特定されてしまうけど…。
きこう
きこう
後は、自宅が賃貸でなく持ち家だった場合は引っ越しによる登記情報の書き換えリスクが減るよね。
起業したい人
起業したい人
そうか!本社所在地を自分の実家にして、稼働するオフィスを別に持っている会社を見るけど、そういう意図があったのね。
きこう
きこう
そうそう。自分の家はともかく、田舎にある実家なら引っ越すリスクが更に少なくなるからね。

デメリット

起業したい人
起業したい人
さっき出てきたプライバシー面はデメリットだよね。
きこう
きこう
うん。特に若い女性起業家で一人暮らしとかだったらリスクはあるよね。御社に訪問したいとか言ってくる営業マンもいそうだし。
きこう
きこう
後は、法人口座の開設とか、融資を引く場合に固有のオフィスがないと支障を来す可能性がある。見込み顧客(特に大企業ほど)からも住所を見られて「弱小スタートアップだな」って思われる可能性が上がるよね。
起業したい人
起業したい人
いずれも「信用」という面に難が出てくる可能性があるってことだね。
きこう
きこう
そうそう。それと「移転可能性」という点では、ほぼ個人とか数人で続けるなら良いんだけど、事業拡大したら確実に自宅ではできなくなるから、その時に登記情報をどう書き換えるか考えることになると思う。
起業したい人
起業したい人
あ、自宅を登記すると法人の郵便物がばんばん届くかな。
きこう
きこう
届くだろうね。公私を分けたい場合は困るだろうし、実家と稼働場所を分ける場合はわざわざ取りにいかなければならないのは面倒だね。
起業したい人
起業したい人
まとめると、こんな感じだね。

・固定費を最小限にしたい人
・個人事業主の延長線上で法人成りした人
・事業規模がしばらく大きくならない場合
・大企業が見込み顧客にあまりならない場合
・地方自治体の融資サポートが特に不要な人
・プライバシーや公私が一緒になることが気にならない人
・本社所在地と稼働オフィスを分ける人

きこう
きこう
僕は事業拡大のために融資が引きたかったから自宅はやめたけど、小さく始めたり副業で起業するなら自宅を登記するのが最も合理的だろうね。ただ、自宅の契約時に「登記ダメ」って明記してあるところもあるから、チェックは確実に!

バーチャルオフィスを登記する場合のメリットとデメリット

メリット

きこう
きこう
バーチャルオフィスのデメリットを踏まえてどんな基準で選んだらいいか、この記事で解説しているので、詳しくはこちらで!
起業したい人
起業したい人
ざっくり言うと、自宅に次ぐ固定費の低さと、郵便物の転送サービスオプションで電話の取次ぎもしてくれるってところね。
きこう
きこう
そうそう。後は、一見すると一等地にオフィスがあるように見えるから、調べられなければオフィスの場所でなめられることはないってところだね。
起業したい人
起業したい人
この記事を見ると、最近のバーチャルオフィスはセミナールームも使えたりするんだなぁ。起業もどんどんコストが下がっていってるんだね。

デメリット

きこう
きこう
これは、自宅同様に法人口座や融資を引く時に審査が通りづらくなるところだね。銀行は「組織としての実態」「活動実態」を気にするから。融資のお話はこちらに記載しているので、是非ご参考までに!
起業したい人
起業したい人
バーチャルオフィスってそもそも普段使いできるオフィスじゃないから、人が増えるとかモノが増えるとかになると管理が大変だし、打ち合わせ場所は常に外になるっていうデメリットもあるね。
きこう
きこう
そうそう。そういう時のために打ち合わせスペースの時間貸しをしているようなバーチャルオフィスもあるんだけど、サービスはピンきりだからよく考えて選ぶと良いよ!
起業したい人
起業したい人
まとめると、こんな感じだね。

・固定費はそこそこで済ませたい人
・法人口座の開設に自信がある人
・固定の稼働場所が必要ない人
・事業規模がしばらく大きくならない場合

きこう
きこう
僕は自宅と同じ理由でバーチャルオフィスはやめたけど、少しコストをかけてでも自宅のデメリットを解消したいならバーチャルオフィスがいいね。相場は月2,000円~オプション付けて10,000円くらいだと思う。

シェアオフィス・コワーキングを登記する場合のメリットとデメリット

起業したい人
起業したい人
そもそも、これってどういう場所なのさ?
きこう
きこう
1つのオフィスを区分所有するイメージだね。シェアオフィスだったら建物とかフロアの中の部屋1つ、コワーキングだったら席1つとロッカーとか。
起業したい人
起業したい人
なるほど。水回りとか印刷機とかは共同で、場所だけ確保できるから通常より安くなるってわけだ。

メリット

きこう
きこう
印刷代とか大きなセミナールームを使う場合は別途費用が出たりするところもあるんだけど、光熱費が家賃に込みになっていたり、会議室が1時間まで無料だったりするから、うまく使えれば費用を抑えて普通のオフィスと同じように使えるね。
起業したい人
起業したい人
各々のオフィスのルールにうまく適応できるかがポイントってことだね。
きこう
きこう
僕がシェアオフィスを使ってるんだけど、信用面に関しては銀行口座もメガバンクで問題なく作れたし、融資も引けた。来客があっても会議室に困ることはなかったから、今の所そんなに不便してないね。
起業したい人
起業したい人
何人くらい入る場所なの?
きこう
きこう
うちはせいぜい3人程度だね。でも当面は外注さんと事務を回していくから、よほど規模が大きくならない限りはしばらく移転しないと思う。机や椅子、荷物の収納なんかも用意してもらえるから足りてるし。
起業したい人
起業したい人
なるほど。コワーキングスペースの場合はロッカーがあるかどうかってくらいだから、シェアオフィスより値段は安いだろうけどモノの置き場所に困るかもしれないね。
きこう
きこう
うんうん。ただ、コワーキングの場合は他の入居者さんとコミュニケーションが生まれるのが良いところだと思う。同じスペースに魅力を感じて入居したってことは、同じような志向性の人である可能性が高いから、意気投合しやすいだろうし。
起業したい人
起業したい人
場所によるとは思うけど、コワーキングスペースで協働しているうちに、プロジェクトが生まれたりすることもありそうだね。

デメリット

きこう
きこう
スペースの広さの割にお金かかるイメージよね。まあ、机や椅子や収納棚が用意されてるとか、光熱費とか、その辺含んでの価格なんだろうけど。
起業したい人
起業したい人
2~3人入れるスペースで検討してた時は、相場はどれくらいだったの?
きこう
きこう
施設の場所やサービス内容にもよるんだけど、5万~15万くらいまで幅広くあるかな。有名ビル内とか駅チカだと当然高くなる。
きこう
きこう
コワーキングだともう少し安いけど、ロッカーがオプションになってたり、コワーキングの集中してる場所が限られてたりするから、いい場所に当たればって印象だね。
起業したい人
起業したい人
なるほどね。ちなみにシェアオフィスにした時に、万が一人数が増えたらスペースが狭くなっても追加で入ることはできるの?
きこう
きこう
それが、人数増加に関しては融通があまりきかないんだ。提供される椅子の数も決まってるし。だから、最初から将来1人2人増えることを見越して考えた方が、場合によっては良いかもしれない。増えたけど入らなかったら引っ越しだしね。

・銀行や見込み顧客からの見られ方が重要な場合
・固定の稼働場所や物資の保管場所が必要な人
・事業規模がしばらく大きくならない場合

賃貸オフィスを登記する場合のメリットとデメリット

メリット

きこう
きこう
これまで考えてきたことを基本的に気にしなくていいってことだね!以上!
起業したい人
起業したい人
シンプル…笑

デメリット

きこう
きこう
基本的にお金のない起業直後なのに、保証金やら敷金礼金やら家賃やら机や椅子なんかの事務用品やら維持コストやらお金がかかってしょうがないってことだね!以上!
起業したい人
起業したい人
(もはや息切れしてるんじゃないか…)

・固定費がかかってもまっとうな会社機能を全て揃えたい人
・まとまった額の資金調達済などで資金がある程度使える人

きこう
きこう
僕は戦略面と資金面でしっかりしたオフィスを借りるまでもないと思ったから、賃貸オフィスは見送ったよ。

正しく登記場所を判断して将来のコストを抑えよう

きこう
きこう
イメージ湧いたかな?
起業したい人
起業したい人
うん、1人で起業するか共同創業するか、身内チームでやるか外注さんとやるかでも大きく変わってきそうだね。
きこう
きこう
そうだね。判断を間違えると余計な時間と費用がかかってしまうから、将来の自分の労力を減らすためにも、どこを本社にするかはよくよく考えよう!
ABOUT ME
きこう
グルメとビジネスとJリーグを愛す、 「ミニマル&時短起業家」。 好きな言葉は「シンプリシティ」と「生産性」。 知っているだけで世界が変わるおトク情報を配信します。
あなたのマーケティング課題を「レンタルCMO」が解決します

「広告出稿」「SEO」「LP改善」「動画のストーリー構築」「デザインラフ案の設計」…

現代のビジネスではマーケティング領域でやることが多く、これらをしっかり押さえないと、競合負けしてしまいます。

しかし、「マーケティングって難しそう…」「何をどうすればわからない…」という方も少なくない。

そんなあなたに向けて、マーケティングについて気軽に相談でき、マーケティングの最新情報まとめも送られてくる、便利なLINE@(@dir8228j)を用意しました。

ぜひ、ご登録ください!

友だち追加