①戦略立案

【厚生年金とは】払わない方法はある?計算方法は?法人は届出必須?

法人起業すると国民年金ではなく「厚生年金」に加入しなければならないということはご存知ですか?

厚生年金保険法第六条によれば、以下にあてはまる事業者は厚生年金加入が義務付けられています。

厚生年金に入らなければならないパターン

すべての法人
従業員5名以上、かつ「モノの製造、加工、包装、修理、または解体」の個人事業

しかし、厚生年金を払っていない事業所の噂を聞いたり、所得額によっては総額が国民年金より高くなるという話もあり、ついには年金制度の破綻を政府が認めたような発言もあり…いまいち仕組みを理解しきれない部分もありますよね。

今回は、厚生年金とは?といった基礎知識から、払わない方法はあるのか…などの疑問にお答えします。

登場人物紹介

きこう
きこう
法人起業したが、厚生年金のような乗り越えなければいけない色々な手続きに翻弄されている。後に続く人たちが同じことにならないよう、経験を伝えている。
起業したい人
起業したい人
起業してみたいが時間がなく、起業まわりの情報には疎い。年金や社会保険に関する知識がほとんどない。

厚生年金とは?払わない方法はある?

きこう
きこう
立ち上げ初期はしんどいなぁ。厚生年金…。
起業したい人
起業したい人
溜息ついてどうしたの?「厚生年金」って、法人が払う国民年金みたいなやつだよね?
きこう
きこう
そうそう。国民年金に上乗せして企業が払うものだね。その分、理論上は受給者が多く年金を受け取ることができる制度なんだ。計算してたら、売上が出てない起業初期には重いなぁと思って。
起業したい人
起業したい人
上乗せしてってことは、国民年金額より多く払わなければいけないの?
きこう
きこう
総額で言うと多く払うケースが多いね。厚生年金の支払いは企業と個人の折半で、個人の給与から天引きされる形になっている。
起業したい人
起業したい人
じゃあ、企業も個人も負担が増えるってことじゃないか!そりゃ立ち上げすぐで売上なければ厳しいよ。何とか払わない方法はないのかな
きこう
きこう
実際は3割くらい、主に立ち上げ初期の企業が免れてるって話を聞く。ただ、法律にも明記されている法人の義務だからね。加入せずに警告を受けて立入検査が入れば、最大2年間遡って適用されて保険料が発生する。だんだん催促状の文言や色がきつくなってくるっていう噂もあるね。笑
起業したい人
起業したい人
数ヶ月逃げおおせても。遡って適用されるってことか…。素直に最初から加入しておいた方が、急に出費しなくて済むから良いかもね。
きこう
きこう
聞くところによると、事業所あてに加入しろって手紙が届いて、無視するとだんだん文面がきつくなってきて、最後通告みたいな感じで来所通知書が届くみたいだよ。それも無視すると立入検査の可能性がある。
起業したい人
起業したい人
ひええ。僕が起業する時は最初から忘れないようにしておこうっと。忘れてて後から来る可能性もありそうだからね。

厚生年金はいくら払う?計算式は?

起業したい人
起業したい人
ところで、厚生年金ってどうやって計算するの?
きこう
きこう
基本は月額の標準報酬によって変わってくるんだけど、報酬額に一定割合を掛け算した「健康保険料+厚生年金保険料」で構成されている。健康保険料は、支払う人が40歳未満か、40歳以上64歳未満かで掛け率が変わってくる。
年齢別の掛け率

40歳未満:月額標準報酬の9.9%(平成30年の事例)
40~64歳未満:月額標準報酬の9.9%+介護保険料率1.57%(平成30年の事例)

きこう
きこう
厚生年金保険料は細かい規定はあるんだけど、目安は標準月額報酬の18.3%(平成30年の事例)だね。
起業したい人
起業したい人
僕が起業した場合は40歳未満だから、(健康保険9.9%+厚生年金保険18.3%)÷2で、だいたい14%くらいが会社負担、残り14%くらいが自分の所得から引かれるってことだね。
きこう
きこう
平成30年からは子ども子育て拠出金と言って、事業主は子どもがいようがいまいが被保険者全員の標準月額報酬の0.29%を支払わなければいけないみたい。
起業したい人
起業したい人
何だか、普通に勤務してるときよりあれもこれも税金が取られて、踏んだり蹴ったりだね…。
きこう
きこう
細かい規定があるし、従業員が多いと計算が煩雑になるから、社労士さんにお願いするのがいいと思うよ。起業したてで数人だったら、自分で計算して税理士さんに報告しよう。

厚生年金の加入はどうやって届出するの?

起業したい人
起業したい人
実際に加入しようって思ったら、どうやって届出すればいいの?
きこう
きこう
事業所として加入するなら新規適用届を出すんだ。住んでいる地域の年金事務所に行けば、書類をもらうことができる。以下のものを持っていけばスムーズだね。
届出に持っていくもの

・<法人の場合>登記簿謄本(発行から90日以内)
・<個人の場合>事業主の住民表
・<事業所在地と登記簿や住民票が違う場合>賃貸契約書
・保険料口座振替申込書
・ひとりひとりの賃金台帳
・賃金の証明となる議事録
・源泉徴収票(納付実績がない場合は、法人設立届か開業届)

きこう
きこう
従業員を雇用した場合は「被保険者資格取得届」、被保険者の月額報酬が目安で3万円以上上がった場合は「被保険者報酬月額変更届」、退職した場合は「被保険者資格喪失届」が必要になるね。
起業したい人
起業したい人
何だか色々あって大変だなぁ。最初やった後に軌道に乗ってきたら、社労士さんにお願いしようっと。

厚生年金を理解し、正しい支払いを実施しよう

きこう
きこう
なかなかしんどいでしょ、厚生年金。
起業したい人
起業したい人
うん。自分が起業したときに、ここまで支払いをするのは計算に入れてなかったよ。キャッシュアウトしないようにきちんと確認しておかなきゃ。
きこう
きこう
ただ、起業初期はサラリーマンのときより所得が下がることも多いし、その場合の健康保険料は任意継続していたときより安くなるケースがある。つまり、厚生年金に入った方が得をする時期もあるから、早めに確認しておくといいよ。

健康保険の任意継続は、標準月額報酬280,000円(平成30年度例)で計算されています。 つまり、所得が280,000円以下の場合、保険料が安くなるケースがあります。

ABOUT ME
きこう
グルメとビジネスとJリーグを愛す、 「ミニマル&時短起業家」。 好きな言葉は「シンプリシティ」と「生産性」。 知っているだけで世界が変わるおトク情報を配信します。
あなたのマーケティング課題を「レンタルCMO」が解決します

「広告出稿」「SEO」「LP改善」「動画のストーリー構築」「デザインラフ案の設計」…

現代のビジネスではマーケティング領域でやることが多く、これらをしっかり押さえないと、競合負けしてしまいます。

しかし、「マーケティングって難しそう…」「何をどうすればわからない…」という方も少なくない。

そんなあなたに向けて、マーケティングについて気軽に相談でき、マーケティングの最新情報まとめも送られてくる、便利なLINE@(@dir8228j)を用意しました。

ぜひ、ご登録ください!

友だち追加