②集客施策実行

マイクロコピーライティング~たった2文字で粗利を50%上げる方法

マイクロコピーライティング」という言葉をご存知ですか?

名だたる大企業が常に成果を出し続けている背景には膨大な数の実験(ABテスト)があります。

その実験の中で、ボタンの一言、キャッチコピー2文字を変えるだけで成果が劇的に改善した。そんなノウハウの集大成がマイクロコピーライティングです。

マイクロコピーのコツを掴むことで、ものの数秒の文言変更から粗利を50%上げるということも可能になるという、マーケターがいま大注目の改善手法なのです。

マイクロコピーライティングとは一体何なのか?初心者の方にも理解しやすいよう解説していきます。

登場人物紹介

きこう
きこう
法人起業し、WEB屋として事業を展開している。WEBマーケティングのさらなるレベルアップのため、一言一句にこだわるマイクロコピーに注目している。
起業したい人
起業したい人
起業してみたいが時間がなく、起業まわりの情報には疎い。WEBマーケティングに関しては素人で、反響獲得の方法を勉強中。

マイクロコピーライティングとは?

起業したい人
起業したい人
ここの文言、どうしようかなぁ。うーん、うーん。
きこう
きこう
どうしたの?ディズニーの黄色い熊さんみたいな唸り方して。
起業したい人
起業したい人
何ちょっと上手いこと言ったみたいな顔してるんだよ!新しく作成するホームページの設計に悩んでたんだ。どこに何の文言を入れようかなって。
きこう
きこう
お、それならマイクロコピーライティングを活用するタイミングだね。マイクロコピーって知ってる?
起業したい人
起業したい人
うん?コピーライティングとは違うの?マイクロだからもっと細かい文言ってことかな?
きこう
きこう
そう、具体的には…。

・ボタンに記載する文字
→「参加する」など
・ボタン周辺の注意書き
→「30日間返金保証」など
・入力フォームの周辺情報
→「入力欄の記載例:○○○@☓☓☓.com」など

矢印部分がマイクロコピー
きこう
きこう
コピーライティングは言葉の斬新制とかキャッチ力とかが要求される一方で、マイクロコピーはよく使う単語のうち、どれを選んでどこに配置するか考えるだけ
起業したい人
起業したい人
つまり、僕みたいな素人でも知ってるか知らないかだけで成果が出しやすいんだね!
きこう
きこう
そう!「誰でもすぐに使える」「一度出た効果は長期的に継続する」「ほんの数文字だから競合が気づきにくい」といいことづくめなんだ。
起業したい人
起業したい人
これは、誰よりも早く学ばなきゃだ。

何でマイクロコピーライティングが注目されているの?

起業したい人
起業したい人
そんなすごい技術なら、もっと早くに広まっててもおかしくないと思うんだけど、今注目されているのはどうして?
きこう
きこう
そもそも、マイクロコピーライティングの最先端の知見はイスラエルから入ってきてるんだ。マイクロコピーについての著書はイスラエルのヘブライ語で書かれているんだけど、それが翻訳されて海外に展開されたタイミングが今ってわけ。
起業したい人
起業したい人
イスラエル?すごい戦争してる地域ってイメージだけど、何で最先端の知見がそこで生まれるんだろう。
きこう
きこう
戦争地域と言えば戦車や飛行機だよね?その操縦室(コックピット)ってどんな感じか想像つく?
起業したい人
起業したい人
こんな感じだろうか…。
きこう
きこう
そうだね。で、もし操作する位置を間違えちゃったらどうなる?
起業したい人
起業したい人
味方に撃ってしまったり、相手の攻撃を被弾して…あっ!
きこう
きこう
気付いたね。つまり、コックピットでは何がどの位置にあるか正しく理解すること、そして誤動作を防ぐこと。これがいちばん大事なんだ。WEBの世界でも同様で、お客様を迷わせないことが重要。似たような考えのもと構成できるから、知見がたまっていたってわけ。

マイクロコピーライティングの成功事例にはどんなものがあるの?

起業したい人
起業したい人
実際に、マイクロコピーライティングで成功した事例ってどんなものがあるの?
きこう
きこう
Facebookとか、Amazonとかの名だたる企業はもちろん、身近なところでは民泊のAirbnbとか出会い系サイトのPairsなんかも成功している。ここでは一番簡単な例を出すね。

資料を無料で請求する

※押しても「初めての方へ」に飛ぶだけです。

きこう
きこう
このボタンにある変更を加えるだけで、クリック率が4割以上上がったんだけど、何をするか分かるかな?
起業したい人
起業したい人
何だろう…「請求する」って言葉を「もらう」に変えるとかかな?
きこう
きこう
考え方としてはいい線行ってるね。マイクロコピーってこういう細かい試行錯誤の積み重ねだからね。これ、答えはね…

無料で資料を請求する

※押しても「初めての方へ」に飛ぶだけです。

起業したい人
起業したい人
「無料で」を前に持ってくる。たったこれだけ?
きこう
きこう
本当にこれだけなんだ。仮に毎日100人がWEBを見て、今まで30人がボタンを押してくれてたとすると、クリック率が40%上がったら42人がボタンを押してくれることになる。
起業したい人
起業したい人
このボタンを押した人のうち10人に1人が成約するとすると、この10秒くらいの改善で1人の成約者を増やすことができるんだね。
きこう
きこう
そう!これが毎日続くと、塵が積もってすごい数になるよね?
起業したい人
起業したい人
何だかアドレナリンが出てきたぞ。

マイクロコピーライティングで粗利を1.5倍にする方法とは?

きこう
きこう
さっきのように、ちょっとした発見や文言変更でクリック率や成約率が40%上がるなんて事例は珍しくない。じゃあ、これを使って粗利を1.5倍にするにはどうしたらいいかな?
起業したい人
起業したい人
成約につながりそうなキラーページへの流入ボタンや文言をまるっと改善すればいいのかな。
きこう
きこう
もちろんそうだね!それと、マイクロコピーには離脱率を下げるという効果もある。例えば、入力フォームに入力してる途中で、少しでも分からなかったりイラッとすることがあると、10%くらいは離脱していると思ったほうがいい。
起業したい人
起業したい人
先に進まない理由を解除してあげるのもマイクロコピーの役目なんだね。
きこう
きこう
これを数式で考えてみると…

※1箇所の改善で10%先に進む確率が上がった場合
1.1×1.1×1.1×1.1≒1.46
1.1×1.1×1.1×1.1×1.1≒1.61

起業したい人
起業したい人
4~5箇所の改善をすることで、ゴールまで辿り着く人が46%~61%増えるってことだね。
きこう
きこう
よく言われている指標の「インプレッション数」とか「クリック率」とかで考えると10%伸ばすってそこそこ労力が要るけど、マイクロコピーであれば数秒で改善できるものもあるから、4~5箇所くらいはイメージつくよね。

マイクロコピーの改善で手早く成果を創出しよう

起業したい人
起業したい人
で、具体的にはどんな文言を使えば成果が出るの?
きこう
きこう
おっと、それは企業秘密だなぁ!…というより、扱っている商材やテイストによって同じ文言でも正解だったり不正解だったりするから、地道にABテストを繰り返していくことが大切。例えば富裕層向けのマーケティングでは「無料」って引きが弱かったりとかね。
【検証】ABテストの正答率をWEBマーケターと客の鑑で競った結果WEBデザインに正解はありません。どの企業や個人も日夜必死に「A/Bテスト」を繰り返し、改善を続けています。今回は書籍「2万回のA/Bテストから分かった支持されるWebデザイン事例集」を用いた実験を通し、WEBデザインのポイントについて掘り下げます。...
起業したい人
起業したい人
とは言え、共通して「これはよくない」って施策なんかもあったりするんだよね?
きこう
きこう
そうだね。ちょい出しだけすると…。

・赤色ボタンはクリック率を下げる
→緑ボタンがいいと言われていたが、今は違う…?
・「詳細はこちら」はクリック率を下げる
・「!」は前後の文脈が弱いから使われるものなので、多用しない

起業したい人
起業したい人
触りだけでも気になる~。もっと学びたい場合はどうしたらいい?
きこう
きこう
とりあえず、まずはこの書籍を買っておくといいと思うよ。もっと気になるなら僕のサービスも見てみてね。

きこうのWEBサービス一覧

あなたのマーケティング課題を「レンタルCMO」が解決します

「広告出稿」「SEO」「LP改善」「動画のストーリー構築」「デザインラフ案の設計」…

現代のビジネスではマーケティング領域でやることが多く、これらをしっかり押さえないと、競合負けしてしまいます。

しかし、「マーケティングって難しそう…」「何をどうすればわからない…」という方も少なくない。

そんなあなたに向けて、マーケティングについて気軽に相談でき、マーケティングの最新情報まとめも送られてくる、便利なLINE@(@dir8228j)を用意しました。

ぜひ、ご登録ください!

友だち追加