①戦略立案

【保存版】起業家が推薦!起業の方法を学ぶおすすめビジネス書籍3選

個人起業・法人起業に興味がある。でも、具体的にどうやれば良いか分からない…。これを見ているあなたはそんな悩みを抱えているはずです。

僕自身も周りに起業家がおらず、話を聞く機会もなければ起業について学べる環境もなく、ネットには情報が多すぎてどれを信頼すべきか分かりませんでした。できれば最短最速で学ぶ方法を知りたいですよね。

そこで、僕自身が起業する際にあれこれ学んだ内容と、実際に有名な起業家に何人も会ってインタビューした結果、これさえあれば事前知識としては十分だと言えるおすすめビジネス書籍を3つ+α記載しました。

起業に少しでも興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

起業の科学~スタートアップサイエンス

日米で起業した起業家かつ投資家である著者が、

・1,000人以上の起業家の取材
・300冊以上の起業に関する理論書や起業家の自伝のインプット
・500本以上の起業家のブログのインプット
・1,000本以上の起業家の講演動画のインプット

をもとに生み出した超絶起業オタク本です。

研究成果である「スタートアップサイエンス」という1,750枚のスライドは、全世界で5万シェア。まさに、起業におけるバイブルの1つとしての地位を確立していると言っても過言ではありません。

起業における失敗パターンを防ぐためのセオリーとも言える考え方がぎゅっと凝縮しています。詳しくはこちらの記事に書評がありますので、ご覧ください。

【書評】書籍「起業の科学」で失敗の99%を潰し成功の型にはまる起業時に、どのようにビジネスを創り出すのか、想像がつきますか?初めての起業であれば難しいのではないかと思います。そこで、「起業の科学」という書籍をおすすめしています。この書籍では起業の失敗の99%を潰し、成功の型にはまるヒントを得ることができます。...

「世界一やさしい問題解決の授業」「リーンスタートアップ」「ストーリーとしての競争戦略」という、起業家であれば誰もが読んだことのある書籍のエッセンスも「起業の科学」1冊に詰まっています。

起業の手順はこの書籍の通りに進めると良いでしょう。
※届出などの実務に関しては記載されていないので、ご注意ください。

起業のファイナンス

資金調達、M&A、上場など…起業して経済活動を行うのであれば、お金の話は必ずついてまわります

しかし、

「資金調達って何すればいいの?」
「投資家って何を考えてるの?」
「事業売却と上場ってどっちがいいの?」
「ストックオプションって何?」

など、サラリーマンであれば考える必要がなかったお金の知識を吸収しなければなりません。

そんな時に1冊あると、起業した際のお金の話が網羅的に学べる書籍がこの「起業のファイナンス」です。詳しくはこちらの記事に書評がありますので、ご覧ください。

【書評】書籍「起業のファイナンス」はベンチャーのお金のバイブル起業家を志すあなた、資金政策について考えられていますか?僕はお金まわりのことがどうも得意ではないのですが、起業とお金は切っても切り離せま...

よく、「○○社が1億円を△△社から調達」なんてニュースも流れますが、1億円という金額がどうやって決まっているのか、その算出根拠も書いてあります。実際に起業しない場合でも、ベンチャー界隈に興味のある方は読んでおいて損はない1冊です。

革命のファンファーレ~現代のお金と広告

芸能活動から絵本作家、そしてオンラインサロンから実業と飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍されているキングコング西野さんの著書です。

西野さんはクラウドファンディングで1億円調達したり、子ども向けの絵本を無料公開した上で売るなど、当時の日本では普及していない斜め上の発想で活動してきました。

その活動の中に、どういう戦略意図があったのかということが細かく記載されています。

起業について直接記載している書籍ではないのですが、起業すると必ず向き合わなければならない「信頼」という考え方「常識を疑う」考え方「どうやって届けるか」というマーケティングの考え方について、本質的な考察をしています。

事業主の心の持ち方としても大きな学びになるでしょう。

番外編:起業って何すればいいの?会社設立の方法を徹底解説

【保存版】起業ってどんな流れで始めるの?会社設立の方法まとめ会社設立はどんな流れで始めれば良いか、ぱっと思い浮かびますか?会社設立は登記をすればそれで終わりというわけではありません。本記事では法人起業の経験をもとに、設立前後にやらなければならないことをまとめました。法的な手続きから具体的なツールなど準備までを網羅した完全版です。...

書籍ではないので番外編になるのですが、僕が書いた記事になります。

ここまでの書籍で「考え方」については十分に学べるのですが、

・実際に登記する時は何を決めて、何を準備して、誰にお願いすればよいか
・法人口座の審査を通すには何に気をつければよいか
・設立後に提出しなければならない書類はどんなものがあるか

など、実務の部分は記載がありません。

僕は起業する時にバラバラと散っている情報を集めながら動いていたので、ものすごく苦労しました。せめて後に続く方が同じ苦労を味わうことのないよう、起業準備段階から設立の手続き段階、設立後にやらなければならないことまで網羅的に記載しています。

良いアイデアを動かそうにも、会社としての然るべき手続きができていないと雑務に忙殺されてしまうことになるので、この記事をマニュアルのように使いながら、起業の実務をやっつけていきましょう。

番外編:営業受注額が10倍以上に!プレゼン苦手を克服する4つのコツ

プレゼン苦手を克服する4つのコツ

こちらも僕がnoteで書いた記事になります。

・地方自治体での融資面談
・日本政策金融公庫での融資面談
・銀行の口座設立
・投資家への事業アピール
・営業

など、起業直後はちょっと思い出しただけでもこれだけプレゼンの機会があります。特に技術職から起業される方であればプレゼンの機会も少なく、起業後のプレゼンに苦労することも少なくないはずです。

プレゼンで少し間違えるだけで、希望した銀行で口座がつくれなかったり資金調達額が(冗談ではなく)半分以下になったり見込み顧客へのアプローチが失注に終わったりして、疲弊します。

できればプレゼンで苦労することなく、いい商品をつくることに集中したいですよね。

そこで、元々プレゼンが絶望的に下手で雑談すらできなかった僕が、経営コンサルティング会社に入って上司に詰められながら試行錯誤した方法を1から10まで大公開しました。詳しくは無料公開している導入文をお読みください。

プレゼンは得意な方苦手な方いるので汎用性の高い情報ではないですが、ここで躓くといいスタートが切れなくなる可能性があるため、あえて掲載しております。

最短最速で起業のインプットをして、明日から動き始めよう

いかがでしたでしょうか。起業するとなると色んな人から色んな話を聞くと思いますが、現役で起業している方の話を参考にするのが一番です。是非、こういった書籍を活用して思考をショートカットしてみてください。

当サイトでは金なしコネなしで個人が気軽に、最短最速で起業するための情報をまとめているため、他の記事もお役立て頂ければ幸いです。起業というよりまずはビジネスの基礎を身につけたいあなたは、こちらの記事もよく読まれています。

【2019年版】基礎が身につくジャンル別ビジネス書籍3選2019年になっても読まれ続けている、基礎力がつくおすすめビジネス書籍を「プレゼンテーション」「マーケティング」「デザイン」といったジャンルごとに3つずつ抜粋しました。最短で初心者レベルを脱したいあなたは購入を検討してみては?...

それでは、あなたが良い起業ライフを送れることを願っています!

ABOUT ME
きこう
グルメとビジネスとJリーグを愛す、 「ミニマル&時短起業家」。 好きな言葉は「シンプリシティ」と「生産性」。 知っているだけで世界が変わるおトク情報を配信します。
あなたのマーケティング課題を「レンタルCMO」が解決します

「広告出稿」「SEO」「LP改善」「動画のストーリー構築」「デザインラフ案の設計」…

現代のビジネスではマーケティング領域でやることが多く、これらをしっかり押さえないと、競合負けしてしまいます。

しかし、「マーケティングって難しそう…」「何をどうすればわからない…」という方も少なくない。

そんなあなたに向けて、マーケティングについて気軽に相談でき、マーケティングの最新情報まとめも送られてくる、便利なLINE@(@dir8228j)を用意しました。

ぜひ、ご登録ください!

友だち追加