①戦略立案

【比較】株式会社・合同会社・社団法人・NPO法人の違いとは?

株式会社・合同会社・社団法人・NPO法人の違いが正確に分かりますか?恐らくばっちり分かるという方は少ないのではないでしょうか。

法人設立の際、どのような会社形態にするかは重要な選択肢の1つです。何も考えずに株式会社を選択してしまうと、実は後から「合同会社で十分だった」ということにもなりかねません。

そこで、上記にどのような違いがあるのか、比較しながら解説していきます。

登場人物紹介

きこう
きこう
新卒から3年間、月400時間労働をしていた結果、時間をとことんまで突き詰めるようになった時短ヲタ。株式会社を起業したが、もっと効率的に実施できたのではと考えており、次回のために手順をまとめている。
起業したい人
起業したい人
いつも時間のことばかり考えているが、時間がなさすぎて新しい情報が入ってこず、困っている。近々起業したいと思っているが、何をすれば良いか分からない。

比較表

起業したい人
起業したい人
法人起業する時は、株式会社が無難なのかなぁ。最近は合同会社も人気だと言うし…。
きこう
きこう
僕は株式会社にしたんだけど、実際のところ迷ったんだよね。ざっくりとした違いはこの表を見てみて!
株式会社 合同会社 社団・財団法人 NPO法人
法人設立目的 営利 営利 非営利(報酬OK) 非営利(報酬OK)
法人設立費用 22~25万程度 7~11万程度 11万程度 ~20万程度
法人設立期間 2~3週間 1~2週間 2~3週間 5~8ヶ月
法人設立人数 1名~ 1名~ 社団=2名~
財団=1名~
10名~
資本金下限 1円 1円 財団のみ300万 なし
決算公告 公告義務あり 公告義務なし 公告義務あり 公告義務あり
トップの名称 代表取締役 代表社員 理事 理事
知名度
きこう
きこう
本当は、「合資会社」「合名会社」という形態もあるんだけど、この2つは無限責任と言って、会社に何かあった時に出資した金額以上の責任を負わなければいけない。だから、今回は外して考えたよ。
起業したい人
起業したい人
なるほど。ここに載っている形態であれば、原則、出資した金額以上には責任を負わなくて良いということなんだね。

営利企業と非営利企業の比較

起業したい人
起業したい人
これは分かるよ。利益追求を目的としているか、そうでないかの違いだよね。
きこう
きこう
大まかにはその認識でOK。だから、基本的には「株式会社」か「合同会社」の選択になるね。ただし、社団法人、財団法人、NPO法人であっても報酬がなけりゃやっていけないから、利益を出してはいけないという意味じゃない
起業したい人
起業したい人
利益を出せる幅が制限されてるっていうことなのかな?
きこう
きこう
普通に給与を支払ったり役員報酬を出す分にはOK。ただし、「剰余金の分配」ができないので、大きく利益が出たら、ボーナスとかではなく、活動を続けるための再投資に回さなければならないという制限があるね。
起業したい人
起業したい人
活動の自由度という意味ではやはり株式会社や合同会社が良いのかな?
きこう
きこう
そういう見方もできるし、例えば一般社団法人は公序良俗に反しなければどのような目的でも事業をしていいことになってるから、それを自由度と捉える見方もできるね。NPO法人は法令に列挙された特定非営利活動に制限されてしまうのだけど。
起業したい人
起業したい人
なるほど、場合によっては社団法人も選択肢に入ってくるわけだ。確かに資格の発行団体とかは社団法人が多い印象だね。

法人設立費用の比較

起業したい人
起業したい人
どうして法人ごとに設立費用が変わってくるの?
きこう
きこう
一番高いのは株式会社なんだけど、まず株式会社だけに発生する費用として定款認証に5万円かかるのね。それから、登録免許税が株式会社15万、対して例えば合同会社は6万だから、9万円も違ってくるってわけ。
起業したい人
起業したい人
なるほど。事業初期でこれだけの費用を節約できるという点では、合同会社も美味しいね。
きこう
きこう
そうだね。実際は司法書士に登記をお願いしたりするから、手数料で+10万くらいかかってくることもざらにあるんだ。ただ、株式会社にすると資金調達が受けやすくなるから、設立時の10万円くらいは軽くカバーできる。
起業したい人
起業したい人
資金をたくさん引いて事業拡大をするなら株式会社、自己資金の範囲内で小さく始めるなら合同会社や社団法人が良いってことだね。

資本金の比較

起業したい人
起業したい人
財団法人だけ資本金が300万円もかかるんだね…。その他はほぼあってないようなところからスタートできるのか。
きこう
きこう
正確には基金って言うんだけどね。財団法人は、その名の通り「財のある団体」だから、基金の額が300万以下になった途端に財がないと見なされて解散しなければいけなくなるんだ。
起業したい人
起業したい人
確かに、財団ってお金持ちが趣味で設立しているイメージがあるからね。その他は自由に決められるわけだけど、資本金の額ってどうやって決めたの?
きこう
きこう
もちろん1円でも良かったんだけど、資本金の額って対外的な信用につながるから、これだけあればすぐには倒産しなそうって見られる最低限の100万円にしたよ。これは後から知ったんだけど、株式会社は資金調達時に資本金の3~10倍まで引けることが多いから、資本金は引きたい額に応じて決めると良いと思う。
【お金がない起業家必見】創業時に誰でも資金調達できる方法まとめ創業前後で実績がない、お金がない。でも資金調達したい!そんな起業家のあなたに向けて、低金利や返済なしで資金調達できる、融資・公庫・助成金などをまとめています。資金調達を実現して事業成長の時間を短縮し、ビジネスにはずみをつけよう!...
起業したい人
起業したい人
そうか。株式会社ならそういう見方もされるのね。最近おもしろいと思ったのは、1,192,296円(いいくにつくろう)とか、自社のコンセプトに合った金額を出してるところがあってね。
きこう
きこう
資本金にもストーリーがあると話題になっていいよね。次に設立する時はそういう決め方をしてみたいなぁ。

決算公告義務の比較

起業したい人
起業したい人
これは合同会社だけ義務なしになっているね。
きこう
きこう
事業を運営している限り、決算を誰でも見られる状態にしなければならないんだ。以下の内容に変更があった場合は公告しなければならない。

・合併
・会社分割
・組織変更
・資本金及び準備金の減少
・解散
・基準日の変更
・定款の変更
・組織再編
・株券等の発行
・計算書類(決算:貸借対照表)

起業したい人
起業したい人
これもなんだか専門家の知識が必要そうだね…。
きこう
きこう
決算は税理士、その他は司法書士の助けが必要だろうね。だから、決算公告の義務があるかないかで士業にかかる費用がうん10万と変わってきてしまうんだ。
起業したい人
起業したい人
資金が十分になくて、あくまでコストを抑えたい場合は合同会社が賢明かもしれないね。
士業(司法書士・行政書士・税理士・社労士)の違いと役割とは?会社設立(創業)前後では、士業の方にお手伝いしてもらわなければ、気づかずに違法になってしまうことがあるということをご存知ですか?行政書士・司法書士・税理士・社労士という4つの士業について、役割から依頼する際のポイントまで解説します。...

個人事業主と法人設立の比較

起業したい人
起業したい人
今までは法人設立に絞って見てきたわけだけど、よくよく考えてみれば個人事業主としてやるって選択肢もあるわけだよね。
きこう
きこう
そうだね。その場合は単独でやるか複数人でやるかって側面と、税金に関する側面を見なければならない。ざっくり言うと年商が1,000万を超えそうなら法人化を。超えなくても経費枠を設立費用以上に使うなら合同会社。そうでなければ個人事業主かな。他にも細々したところはあるんだけど、これは別に記事にするのでお待ちを!
起業したい人
起業したい人
個人事業主のメリットやデメリットも総合的に加味した結果、法人設立を選んだってことだね。

目的に合った法人を設立しよう!

きこう
きこう
どの形にすべきかのイメージは湧いたかな?
起業したい人
起業したい人
うん。初期のお金は多くかかってしまうけど、きっちり資金調達して事業を伸ばしていきたいから、株式会社にするよ。
きこう
きこう
事業が伸びるイメージがあるのであれば、それがいいかもね。対外的な信用も大きくなるし。これを見ているあなたも、メリットとデメリットを加味しながら自分に合った選択をしてみてね!
ABOUT ME
きこう
グルメとビジネスとJリーグを愛す、 「ミニマル&時短起業家」。 好きな言葉は「シンプリシティ」と「生産性」。 知っているだけで世界が変わるおトク情報を配信します。
あなたのマーケティング課題を「レンタルCMO」が解決します

「広告出稿」「SEO」「LP改善」「動画のストーリー構築」「デザインラフ案の設計」…

現代のビジネスではマーケティング領域でやることが多く、これらをしっかり押さえないと、競合負けしてしまいます。

しかし、「マーケティングって難しそう…」「何をどうすればわからない…」という方も少なくない。

そんなあなたに向けて、マーケティングについて気軽に相談でき、マーケティングの最新情報まとめも送られてくる、便利なLINE@(@dir8228j)を用意しました。

ぜひ、ご登録ください!

友だち追加