①戦略立案

【ブランディング用語】CI(コーポレート・アイデンティティ)とは

ブランディングという言葉はよく聞くものの、実際に何をすればいいか、漠然としている方も少なくないのではないでしょうか。

ブランディングを考える際に1つの基軸として必要な考え方が、このCI(コーポレート・アイデンティティ)になります

逆に、CIを意識しないと、ブランディングの活動自体がずれたものになってしまう可能性が高くなります。

今回は、CIとは何なのか、どのような考え方をするとCIが確立されるのか、説明します。

※マーケティングとブランディングの違いについてはこちらの記事も参考に!

【徹底解説】マーケティングとブランディングの違いとは?マーケティングとブランディング、どちらがどういうものか、正しく認識していますか? WEB集客の相談を受ける中で、マーケティングとブラン...

登場人物紹介

きこう
きこう
金なしコネなしでWEBマーケティングの法人を起業。マーケティングの一環として、ブランディングについてもアドバイスを行っている。
起業したい人
起業したい人
起業を志しており、起業にまつわる情報を集めている。マーケティングについて勉強している中で、ブランディングに興味を持っている。

ブランディングで重要なCI(コーポレート・アイデンティティ)とは?

起業したい人
起業したい人
ブランディングについて興味があって勉強しようと思うんだけど、ブランディングって漠然としてて、何から始めれば良いか分からないんだよね。
きこう
きこう
ブランディングを語る上で外せないのがCI(コーポレート・アイデンティティ)なんだ。CIをよく知ることがブランディングを理解することにつながるよ。
起業したい人
起業したい人
CIと言っても、ブランディングの定義みたいなものだね。それで、CIが確立するとどういうことが良いのだろう?
きこう
きこう
顧客に対してとサービス提供者に対しての2つの側面があるんだけどね。

<顧客に対して>
・自社サービスの認知が広がりやすくなる
→統一されたイメージのもと、口コミが広がりやすくなる
・自社サービスの理解が深まる
→サービスに付加価値を感じてもらえ、価格で比較されにくくなる
・上記の相乗効果で自社への信頼度が上がる

※アウターブランディングとよく呼ばれます

<自社に対して>
・自社が成し遂げたい理念が浸透しやすくなる
→行動規範が浸透しやすくなる
→社員の自社の活動への愛着やモチベーションが上がる

※インナーブランディングとよく呼ばれます

きこう
きこう
まとめると、CIを確立できれば、内外に自社の想いが浸透できて、購買や自社としてあるべき立ち振舞いのような行動に自然とつなげることができるってことだね。副産物として広告費も抑えられるメリットがある。
起業したい人
起業したい人
なるほど。接点がある人たちの行動を管理・統一できるとも取れるね。

CI(コーポレート・アイデンティティ)を構成する3要素「VI」「MI」「BI」

起業したい人
起業したい人
それで、CIを確立するには具体的にどういうことをやればいいの?
きこう
きこう
それを知るには、CIを構成する「VI」「MI」「BI」について説明する必要があるね。
起業したい人
起業したい人
また横文字がずらっと出てきたなぁ…。それぞれどんなものか、教えて。

理念の統一を指すMI(マインド・アイデンティティ)

きこう
きこう
まずは、MI(マインド・アイデンティティ)。これは、すべての発信のもととなる「企業理念」や、それに基づく「行動指針」「スローガン」なんかを指す。
起業したい人
起業したい人
ブランドとして発信したい「軸」がないと、すべての発信がぶれちゃうもんね。これは納得。
きこう
きこう
例えば、ディズニーの場合はこんな感じ。
きこう
きこう
詳しくはここでは割愛するけど、ディズニーのスタッフには「関わる人みんなに幸せになってもらいたい!」という強い想いのもと、そのための「SCSE」という行動を徹底し、それが評価にもつながっている。
起業したい人
起業したい人
想いと行動がここまで一貫しているから、テーマパークの創立から今の今まで「夢の国」というブランドができあがって、ずっと愛されてるってことだね。

視覚の統一を指すVI(ビジュアル・アイデンティティ)

きこう
きこう
次に、VI(ビジュアル・アイデンティティ)。これは、その名の通り、視覚にまつわるデザインを統一的に展開することで、企業ブランドの一貫性を表現することなんだ。
起業したい人
起業したい人
ああ、よく色味とかフォントとか世界観にこだわっている経営者いるけど、あれはVIを意識してのことだったのね。
きこう
きこう
そういうこと。だから、こだわっている企業はデザインのガイドラインがあって、すべての制作物がそのガイドラインに準拠してできている。取引先のものとかよく見てみると分かるよ。
起業したい人
起業したい人
ロゴとかもVIに入るのかな?
きこう
きこう
そうだね。だからこそ、ロゴは適当な形ではなく、企業が発信したい意味付けに沿って構成されていることが多い。そういうわけでロゴデザイナーってあんなシンプルな図柄に高額な報酬をもらえるってことなんだ。
起業したい人
起業したい人
ロゴデザイナーはデザイナーであると同時に、ブランディングにも通じている必要があるんだね。

行動の統一を指すBI(ビヘイビア・アイデンティティ)

きこう
きこう
最後に、BI(ビヘイビア・アイデンティティ)。これは、理念を達成するために必要な行動や計画を指すんだ。組織編成、人事評価、サービスの品質、広告宣伝みたいな部分だね。
起業したい人
起業したい人
MIやVIはどちらかというと「決まってるもの」のイメージだったけど、BIは目的に向けて「変えていくもの」のイメージだね。
きこう
きこう
そうだね。時代は移り変わっていくから、状況が変わっても変わらぬイメージを持ち続けてもらうには行動を変えていくことが必要だ。ゼロから始めるならMIやVIに優先順位は劣るけど、その2つができている場合は一番時間を使うのはBIになるね。

正しいブランディング活動でCIを確立しよう

起業したい人
起業したい人
結局、ブランディングを徹底しようとすると、組織体制を全部作っちゃうような活動になるんだね。
きこう
きこう
でも、実際は変えなくていいところももちろんあるから、時代に合わせてアップデートが遅れているところに手を入れるって感じになるだろうね。中小企業とかだとまずはMIからってところも少なくないだろうけど。
起業したい人
起業したい人
僕はこれから作る側だから、このMIとVIとCIで一貫性が出るように、今から設計していこう。
きこう
きこう
ブランディングももちろん大切だけど、起業初期はとにかく売上を立てること。この順序を逆にすると大変なことになるから、忘れないようにね。
起業したい人
起業したい人
そうだった…。売上を立てる活動も行いながら、頭の片隅で考えてみよう。
ABOUT ME
きこう
グルメとビジネスとJリーグを愛す、 「ミニマル&時短起業家」。 好きな言葉は「シンプリシティ」と「生産性」。 知っているだけで世界が変わるおトク情報を配信します。
あなたのマーケティング課題を「レンタルCMO」が解決します

「広告出稿」「SEO」「LP改善」「動画のストーリー構築」「デザインラフ案の設計」…

現代のビジネスではマーケティング領域でやることが多く、これらをしっかり押さえないと、競合負けしてしまいます。

しかし、「マーケティングって難しそう…」「何をどうすればわからない…」という方も少なくない。

そんなあなたに向けて、マーケティングについて気軽に相談でき、マーケティングの最新情報まとめも送られてくる、便利なLINE@(@dir8228j)を用意しました。

ぜひ、ご登録ください!

友だち追加