②集客施策実行

AdobeCCデザインツールを正規費用の半額以下で使う4つの方法

起業や副業を始める際、名刺やホームページのちょっとしたバナーなど、デザインが必要な場面がいくつも出てきます。

複雑なデザインが発生した場合はデザイナーに外注すれば良いのですが、例えば名刺であれば文字を変えるだけのこともありますよね。これくらいの作業であれば、自分でさっとやってしまいたいところです。

しかし、デザインツールとして一般的なAdobeのIllustratorは継続課金でこれだけの値段がかかります。

<Illustrator単体>
26,160円/年→2,180円/月

<Photoshopなどの他ソフトも含めたコンプリートプラン>
59,760円/年→4,980円/月

お金を節約したい起業初期は、できれば固定費を安く済ませたいですよね。今回は、Adobeのデザインツールを正規費用の半額以下で導入する方法をお伝えします。

※Adobeが必要ないレベルのデザインであれば、無料WEBサービスの「Canva」が便利です。詳しくはこちらの記事もご参照ください。

https://mesi-neta.com/canva

登場人物紹介

きこう
きこう
金なしコネなしでWEBマーケティングの法人起業。リソース不足で起業した経験から、起業・副業を始めるときに費用を抑える方法について熟知している。
起業したい人
起業したい人
起業を志しており、起業にまつわる情報を集めている。まずは最小限の費用で小さく始めてみたいと思っている。

Adobeデザインツールを正規の半額以下で導入する4つの方法

起業したい人
起業したい人
主にデザインのツールを使うために、Adobeのコンプリートプランを入れようと思ってるんだけど、月4,980円って個人で入れるにはちょっと重いなぁと思って…。
きこう
きこう
僕も法人で入れようか散々悩んでたときに調べたんだ。その結果、コンプリートプランの半額以下の費用でデザインツールを導入できる方法が4つあることが分かったんだ。

①学生・教職員向けプランを使う
②デジタルハリウッドのオンライン講座に申し込む
③使用時間帯を分けて共有する
④割り切って単体プランを選ぶ

起業したい人
起業したい人
もし半額でいけるのであれば、月2,500円くらいの支払いだから、初心者でもクラウドソーシングでギリギリ稼げそうな金額だ。
きこう
きこう
そうだね。小さく始めて見たい人は、これらの4つの方法についても検討してみて、詳細はこれから話すね。

①学生・教職員向けプランを使う

<Photoshopなどの他ソフトも含めたコンプリートプラン>
4,980円/月→1,980円/月

きこう
きこう
Adobe正規のプランの1つに、「学生・教職員向けプラン」ってのがあるんだ。
起業したい人
起業したい人
デザインなんかの教育をする人、または教育を受ける人は今後継続的に使ってくれる可能性が高いから、割引ってわけだね。
きこう
きこう
社会貢献という面もあると思うけどね。だから、契約主体が学生や教職員であれば、正規の半額どころか40%未満での購入も可能になるってわけ。
起業したい人
起業したい人
まわりに学生や教職員がいて、なおかつAdobeソフトをあまり使わないのであれば効果的だね。
きこう
きこう
1点注意があって、Adobeソフトは1ライセンスで2つのパソコンに入れることができるんだけど、同じライセンスで取得した2つのパソコンでで同時にソフトを立ち上げることはできないんだ。だから、学生や教職員の方がよく使うようであれば、難しいとも言えるね。

②デジタルハリウッドのオンライン講座を申し込む

<Photoshopなどの他ソフトも含めたコンプリートプラン>
4,980円/月→2,480円程度/月
(29,800円/年)

きこう
きこう
これは、Adobeと提携したデジタルハリウッドのAdobe基礎講座を申込むことで、実質半額程度のAdobeのコンプリートプランが1年間ついてくるってプランなんだ。
起業したい人
起業したい人
講座も受けられてソフトも使えるなんて至れり尽くせりじゃないか。どうしてこんなに安いの?
きこう
きこう
デジタルハリウッドではAdobeの応用講座なんかもオンラインでやっているんだけど、基礎講座は応用講座を受けてもらうための窓口みたいなもの。安く集客して、高い講座を受けてもらおうってことだね。
起業したい人
起業したい人
商売の一環ってわけだね。ちなみに、これって一度受けるともう同じ講座は申込みできなくなってしまうの?
きこう
きこう
それが、毎年講座を申込み続けることは可能で、都度新しいAdobeのセットがついてくるんだ。だから、ソフトだけ欲しい場合は講座を見なくてもいい。
起業したい人
起業したい人
①の方法が使えなくても、この方法なら誰でも安くAdobeを導入できるんだね!

③使用時間帯を分けてAdobeソフトを共有する

きこう
きこう
さっき話したように、Adobeソフトは1ライセンスで2つのパソコンに入れることができる。ということは、Adobeソフトを持っている人にライセンス共有して空き時間だけ使わせてくれって交渉もできるわけだよね。
起業したい人
起業したい人
なるほど、例えばこんなケースが想定できるね。

・会社で使用している人に、会社が終わる20時以降だけ使わせてくれないか頼む
・趣味でソフトを持っている人に、会社で仕事をしている昼間だけ使わせてくれないか頼む
・地球の裏側にいる人に、普段寝ている時間だけ使わせてくれないか頼む

きこう
きこう
そうだね。ソフトが稼働していない空き時間を使って共有財産をシェアする、シェアリングエコノミーの発想だね。これなら、気前の良い人なら無料で使わせてくれる可能性もある。

④割り切ってAdobe単体プランを選ぶ

<Adobe単体プラン>
2,180円/月(通常プラン)
980円/月(学生・教職員プラン)

きこう
きこう
今までの話はAdobeのコンプリートプランと言って、Illustratorはもちろん、Photoshopのような写真修正ソフトだったり、Indesignのような雑誌レイアウトのデザインソフトなんかも入っているものなんだ。
起業したい人
起業したい人
…ということは、「そんな色々機能はいらないやい、僕はかんたんなデザイン修正だけできればいいんだ」って場合は単体プランを選べばいいんだね。
きこう
きこう
そういうこと。そうすれば普通に購入してもコンプリートプランの半額以下学生・教職員プランに至っては20%以下の価格になるからね。
起業したい人
起業したい人
他のソフトがどういう場面で使えそうか精査して、特に重要でなければ切ってしまうってのも1つの考え方だね。

Adobe単体プランとコンプリートプランのどっちを選ぶべき?

起業したい人
起業したい人
それで、Adobeのコンプリートプランには他にどんなソフトが入っているの?
きこう
きこう
モバイルでもデスクトップでも使えるものも含めて20近くのソフトが入っているんだけど、よく聞くのはこのあたりかな。

<写真をきれいに加工する>
・Photoshop
・Lightroom

<動画をつくる>
・Premiere
・After Effect

<書籍や雑誌のレイアウトをつくる>
・Indesign

<PDFを編集する>
・Acrobat

きこう
きこう
他にも、アニメーションの作成やオーディオのミックス、WEBサイトの骨子作りに使えるものもある。
起業したい人
起業したい人
Illustratorと一緒によく使われるソフトとしてPhotoshopの名前をよく聞くけど、単体プランで2つ買うのであればコンプリートプランにした方が良さそうにも見えるなぁ。
きこう
きこう
そうだね。複数使うのであればコンプリートプランにして、①か②の方法を取ったほうがいいかもしれないね。

Adobeデザインツールを安く導入して、手軽にデザインを実施しよう

きこう
きこう
意外と安くいける方法もあるもんでしょ?
起業したい人
起業したい人
そうだね!僕はデザインを本格的にやらないとしても基礎は知っておきたいし、②のデジハリOnlineで申し込んでみようかな。
きこう
きこう
そうだね。短期集中でがっと学んで、デザインで年間30,000円くらいさっさと稼いでやるってスタンスで進めたほうが身につくかもしれないしね。
起業したい人
起業したい人
よーし、燃えてきたぞ。早速Adobeを導入しつつ、デザインの基礎について本でも買ってみよう。
きこう
きこう
僕がデザイン基礎を学んだおすすめの書籍をこちらの記事に掲載しているから、よかったら参考にしてみて!
【2019年版】基礎が身につくジャンル別ビジネス書籍3選2019年になっても読まれ続けている、基礎力がつくおすすめビジネス書籍を「プレゼンテーション」「マーケティング」「デザイン」といったジャンルごとに3つずつ抜粋しました。最短で初心者レベルを脱したいあなたは購入を検討してみては?...
ABOUT ME
きこう
グルメとビジネスとJリーグを愛す、 「ミニマル&時短起業家」。 好きな言葉は「シンプリシティ」と「生産性」。 知っているだけで世界が変わるおトク情報を配信します。
あなたのマーケティング課題を「レンタルCMO」が解決します

「広告出稿」「SEO」「LP改善」「動画のストーリー構築」「デザインラフ案の設計」…

現代のビジネスではマーケティング領域でやることが多く、これらをしっかり押さえないと、競合負けしてしまいます。

しかし、「マーケティングって難しそう…」「何をどうすればわからない…」という方も少なくない。

そんなあなたに向けて、マーケティングについて気軽に相談でき、マーケティングの最新情報まとめも送られてくる、便利なLINE@(@dir8228j)を用意しました。

ぜひ、ご登録ください!

友だち追加